多くの方が持つ青汁のイメージは「苦い」「マズい」ということでだと思いますが、最近の青汁は、そのイメージを無くした商品もあるんです!
苦さや青臭が無く、お子さまでも美味しく飲めるように仕上がった青汁もあります。

青汁の効果は、美肌・ダイエット・便秘解消など様々なものがありますが、青汁を選ぶ際に注目したいポイントは、どの効果を求めているかということが一番でしょう。
一般的な栄養成分は同じでも、各メーカーごとに長所となる成分は異なりますので、そういった点を意識しながら選ぶと良いでしょう。

<メニュー>

管理人の今月一押しの青汁
111種類の原料で酵素青汁ダイエット!

栄養価が高い青汁は、青臭さや苦いといったことが影響し、続かない方も多いようです。
青汁にとって大切なのは、味よりも栄養だと考えたから本当にカラダが喜ぶ青汁を作りました。
酵素青汁111選セサミンプラスは、粒タイプの青汁なので味を気にすることなく続けられます。

無料(1袋:送料500円)

ステラ/ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁の効果

毎月300名限定キャンペーン実施中!

ステラの贅沢青汁は、美味しくて飲みやすい青汁と比べ、独特な味のケールなどを配合している分、栄養価が非常に高い青汁です。
濃く・苦く・栄養成分を粒状にし、飲みやすくしたのがステラの贅沢青汁なんです。

4,980円 → 980円(期間限定!)
1袋(1ヶ月分):31粒入り

オーガニックレーベル/酵素青汁111選セサミンプラス

酵素青汁111選

今なら1袋分が実質無料!

栄養価が高い青汁は、青臭さや苦いといったことが影響し、続かない方も多いようです。
青汁にとって大切なのは、味よりも栄養だと考えたから本当にカラダが喜ぶ青汁を作りました。
酵素青汁111選セサミンプラスは、粒タイプの青汁なので味を気にすることなく続けられます。

無料(1袋:送料500円)

マイケア/ふるさと青汁


ふるさと青汁

美味しい、栄養豊富は青汁のキホン!

ふるさと青汁は、特有成分カルコン・カルシウム・植物繊維を配合しているので、体の中からキレイにしてくれます。
美味しい、栄養豊富は青汁のキホン!
一歩進んだ、お掃除青汁をはじめませんか?

定期初回:3,420円(送料無料)
通常購入:3,800円(送料無料)

大正製薬/ヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁

食後の血糖値が気になる方におすすめの青汁!

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁は、糖の吸収をおだやかにする「難消化性デキストリン」配合のおいしい青汁です。
様々な栄養素を含む、農薬不使用の有機大麦若葉をベースとした、安心で安全の商品といえます。

定期初回:1,000円(送料無料)
通常購入:3,420円(送料無料)

純藍/藍の青汁

藍の青汁

スーパー薬膳野菜を使った青汁

藍の青汁は不足がちなミネラル(鉄分・亜鉛)や、優れたポリフェノールと植物繊維が豊富に配合されている青汁です。
さらにクマザサ桑の葉・乳糖果糖のオリゴ糖を含む最高の黄金バランスで、美味しさ実感度90%!

3,300円 → 2,970円
105g(3.5g×30袋)

青汁とは

青汁とは

食生活の欧米化やファーストフードの普及に伴い、日本人の野菜不足も年々深刻になってきています。
そのような中、現代人の野菜不足を補える便利なアイテムとして人気が高まっているのが、『青汁』です。

では、この青汁とは一体どういったものを言うのかというと、「生の緑色野菜を絞った汁」のことを指します。
青汁は身体に必要な栄養素や食物繊維を多く含むため、普段の食事でなかなか摂れない野菜を効率よく補えられる便利な食品です。

青汁によく使われる主な原材料は、ケール・クロレラ・明日葉・大麦若葉・桑の葉などですが、原材料によって含まれる栄養素が若干違ってくるので、続けて引用する場合は解消したい目的にあった原材料が多く含まれる青汁を選ぶことも大切です。

老若男女を問わず、アンチエイジング・ダイエット・栄養バランスを整える・野菜の苦手を解消・妊娠や高齢による食欲不振改善など、美容や健康などをバックアップしてくれる頼もしい自然派の栄養補助食品なので幅広く安心して摂ることができます。

青汁には、「液状ジュースタイプ」「冷凍保存タイプ」「粉末タイプ」「粒タイプ」といろんな種類があり、それぞれ用途・目的・好みに合わせた選択をしていくとよいでしょう。
青汁独特の渋いにがみが気になる人も多いですが、これは青汁の元の原料の栄養素が高いためであることも多いので、なるべく添加物を含まない、より自然な製法で作られた商品選びをする方が良いでしょう。

青汁の特徴

青汁の特徴

青汁の良さは、何と言ってもその便利さと効率的に栄養素を豊富に摂取できることです。
生の野菜は調理の過程において加熱することでミネラルやビタミンなどの大切な栄養素の効能が落ちてしまうのですが、青汁は生の状態の栄養素でそのまま摂取できるというスグレモノなのです。

また青汁には緑色野菜に多く含まれる『クロロフィル』といった「抗酸化物質」が元となっているため、アレルギーや慢性病などの炎症を完全したり予防するとてもいい成分も含まれています。
さらに、成人の大人が一日に必要な野菜の摂取量350gを生野菜で摂ろうと思うとかなりの量が必要ですが、青汁であれば簡単にその目標値をクリアすることもできます。

つまり、食物繊維を効率的に摂取することが可能なのです。
青汁は粉末タイプだけでなく粒タイプのものもあるので、自宅だけでなく、オフィスや旅行先などでも水さえあれば、手を汚さずに気軽に簡単に摂取でき習慣づけることができるというところが、忙しい現代人にとって愛されている理由です。

青汁の種類の中でも一番多いものが、『粉末タイプ』です。
パウダー状でそのまま飲むだけでなく、料理やお菓子に混ぜてバリエーション豊かに青汁レシピを楽しむのもいいでしょう。

青汁の苦みや匂いが苦手な人は、『粒タイプ』があります。
他のタイプに比べて製法に手間がかかっている分、コスト的にやや高めというデメリットはありますが、健康重視で時間に余裕のないライフスタイルの人には人気のようです。

青汁の効果

青汁の効果

青汁は、私たちの日常生活の要である『健康』『美容』『睡眠』にとても大きな効果をもたらしてくれます。
それぞれどんな良い効果をもたらすのか、ご紹介していきましょう。

まず健康面では、「疲労回復&免疫力のUP」「冷え性の改善」「便秘の解消」などが挙げられます。
冷え性の原因は主にホルモンバランスの乱れや栄養不足によることが多く、つい不足がちな野菜が足りていない時に起り易いのです。

青汁はこの“野菜で摂取する栄養素”が多く含まれているので、野菜を摂る機会が少ない人・疲れがたまりやすい人・冷え性の人には特に、とてもよい栄養補助食品と言えます。
美容面では、「アンチエイジング防止」「スキンケアの基礎づくり」「ダイエット効果」「口臭・体臭の改善」などがあります。

青汁は肌のハリと艶を保つためのビタミン類が多く含まれているので、この抗酸化作用によりアンチエイジングが抑制され、いつまでも若々しい肌を保てると言われています。
このビタミン類は肌の調子を整えてくれるので、ニキビ予防や改善にも期待できます。

原材料に「明日葉」が含まれている青汁は「カルコン」というダイエットに効く成分が含まれており、便秘やむくみで悩みを抱えている人には特におススメです。
睡眠に対する効果では、原材料に「ケール」が含まれている青汁には、「若返りホルモン」と呼ばれるメラトニンが多く含まれています。

メラトニンは安眠効果もあり、質のいい睡眠によって美肌改善もできる一石二鳥の良いサイクルを作ってくれます。
さらにメラトニンはストレス解消効果もあるので、質の良い睡眠とストレスが軽減されることで、日常生活の精神的な安定も期待できます。

青汁の評判

青汁の評判

粉末タイプの青汁には、2つのタイプがあります。
一つ目の粉末タイプは絞った青汁を高温処理で乾燥させた『顆粒タイプ』と、絞りたての青汁をお味噌汁のように急速冷凍させ真空乾燥を施した『フリーズドライタイプ』の2種類です。

同じように乾燥させた青汁でも、フリーズドライタイプは顆粒タイプのように高熱処理がされていないので、栄養素を高く含むビタミン類が破壊されていないというメリットがあります。
青汁の苦みがあまり気にならず、そのデメリットよりも栄養価を重視する人は粉末タイプを選ぶとベターです。

あと粒の青汁が好まれるのは、『野菜の青臭さが苦手』『(水を混ぜてセットするなどの)ひと手間をかけるのが面倒』などの理由により、青汁を飲む習慣が自然とつき易いことにあります。
つまり、飲み水さえあればサプリメントとして気軽に摂取できる粒タイプの青汁は、粉末タイプで感じるような独特の食感を気にすることもなく、オフィスなどの外出先や旅行先などで携帯に飲用できてとても便利です。

粒タイプの商品によっては、1日10粒以上飲まないと効果が上がらないものあるので、できれば少量で効果がある商品選びをすると精神的な負担が少なくなりよいでしょう。
粉末タイプ・粒タイプそれぞれに特徴やメリット・デメリットがあるので、その目的・使用形態・効果の重要度などに合わせて、いろいろと効果的に組み合わせながら日頃の青汁ライフを充実していくことも大切です。

青汁の飲み方

青汁の飲み方

粉末タイプの青汁は顆粒タイプとフリーズドライタイプともに、粒タイプの青汁に比べて、触覚に敏感な人にはそのザラッとした粒々感が気になるかもしれません。
特に同じ粉末タイプであるフリーズドライタイプはその製造工程上、食物繊維が残っているので喉越し感には少し違和感があります。

その点、粒タイプが青汁を“飲んでいる感”がないのは、その形状的のゆえ青汁特有の苦みをあまり感じなくて飲めるというメリットがあります。
1日に好ましい摂取量については商品にもよりますが、それぞれ商品に書かれている目安量をきちんと守ることが大切です。

粉末タイプであれば1日1~3包、粒タイプであれば1日10~30粒ぐらいをめやすに、水などで一緒に摂るとよいでしょう。
飲み方は粉末タイプも粒タイプも同様に、食事で補えない栄養素を青汁で補うという考え方ですので、水やお湯で飲む方がベターですが、それ以外の飲料水で飲んでも特に問題ないようです。

青汁を摂取するタイミングは、毎日の食習慣を整えるのに必要として考えるのであれば、自分がコンスタントに継続できる時間帯に飲むことが望ましいです。
青汁の効果別に観ると、ダイエット目的なら、「食前の空腹時」に飲むことで満腹中枢が満たされうっかり食べ過ぎの癖も予防してくれます。

栄養補給が目的なら、「朝食前の起床時」が一番効果的です。
人は睡眠によりエネルギーを消費しているため、青汁も栄養分をたくさん吸収し易いからです。

青汁のダイエット効果

青汁のダイエット効果

青汁はとても大きなダイエット効果があります。
特に、「便秘やむくみで体内の排泄が上手くいかない」「万年ポッコリお腹で苦しい」「食べないダイエットは苦手」「野菜が不足している食生活」など悩みを抱えている人には、特におススメです。

中でも、特にダイエット効果を高める『明日葉』『ケール』『大麦若葉』が入っているものを選ぶと良いでしょう。
青汁は食物繊維がたっぷり入っているので、体内に蓄積したものをスッキリ外に出してくれる効果があります。

ダイエット効果に適したタイミングですが、「食前」「間食」「1食分の代替」に摂ると効果があります。
血糖値の上昇カーブを緩やかにすることで、食事でとった吸収を抑制し脂肪の増加を抑えたり、青汁による満腹感で1日のカロリー量もグッと減らせ、痩せやすい体質へと改善してくれます。

特に「朝食を青汁で代用する」方法が、ダイエットには一番効果的だと言われています。
青汁を始めるのにベストなタイミングですが、特に女性は「生理が終わった直後(生理後から排卵まで)の1週間」が最適です。

この間は『エストロゲン』という痩せやすい女性ホルモンが分泌し易く、新陳代謝もアップするのでダイエットにはとても効果的です。
逆にあまり効果が出ないのは、生理1週間前、身体が無意識的に栄養分と同じく水分も取り込もうとするNGな時期なので気を付けましょう。

あと青汁を使ったダイエット法は、一時的に効果を求めるというより、数か月かけながら体内の腸内運動を改善していくとこになるので、無理なく飲める味や購入する金額も考慮に入れて選定することが大切です。

粉末タイプの青汁

粉末タイプの青汁

粉末の青汁は、「苦い」「不味い」というイメージがあります。しかし、最近は苦みを抑えた飲みやすい青汁が多く、水や牛乳に溶かすだけでも美味しく飲めます。
牛乳に混ぜると、カルシウムも一緒に摂れ、青汁特有の苦みや青臭さが軽減され、抹茶ミルクのようになり子供も飲みやすくなります。

また、水や牛乳の他に、豆乳に入れてもイソフラボンなどの栄養素も一緒に摂れるため、女性に人気があります。
また、流行りのスムージーに入れたり、アイスクリームやヨーグルトにかけたり、ケーキなどのお菓子作りに入れたり、色んなアレンジして楽しむことができます。

粉末の青汁は、何かに溶かしたり入れたりして摂取するため、食前に飲んだり、小腹が空いた時に飲むと、満足感を得られ、食べすぎや間食を抑えることができるのでダイエット効果があります。
粉末タイプの青汁は、飲み応えを求めている方や、ダイエットしたい方、粒タイプが苦手な方などにおすすめです。

粒タイプの青汁

粒タイプの青汁

粒タイプは、持ち運びにも便利なので、いつでもどこでも好きな時に飲むことでき、外出先でも手軽に野菜不足を補うことができます。
粒タイプは、粉末タイプのように水や牛乳などに混ぜる手間がかからず、味に飽きることもありません。粉末タイプを毎日飲むことが面倒な方や忙しい方でも続けやすいメリットがあります。

青汁は毎日続けることが大切なので、続けやすいという点はとても重要です。
最近の粉末タイプは、青汁特有の苦さや青臭さを感じにくい、飲みやすいように作られている青汁もありますが、それでも飲みづらい・苦手という方には粒タイプの青汁がおすすめです。

粒タイプは、水と一緒にサッと飲むだけなので、青汁が苦手な方でも気になりません。
さらに、粒タイプの青汁には、飲みにくく栄養価が高いケールが主に使用されております。
粉末タイプでケールが主に含まれている青汁は飲みにくいですが、粒タイプなら無理なく高い栄養素を摂取することができます。

青汁の口コミ

amazon 楽天 口コミ 評価 評判


便秘が解消され肌の調子も良好
30代/女性
評価 ★★★★★ 5.00

不規則な食生活ばかりだったので、若い時は大丈夫でしたが最近肌荒れが気になり、青汁を飲み始めました。
基本は豆乳で割って飲んでいますが、苦みやクセがあまりなく飲みやすいので、たまにヨーグルトやジュースなどに入れたりと楽しみながら飲んでいます。
青汁を飲み出してから、便秘が解消され肌の調子も良くなってきました。
青汁を飲むと朝から気持ち良く1日がスタートできるので、毎日欠かさず飲むようにしています。

amazon 楽天口コミ 評価 評判


健康維持のために飲んでます。
40代/男性
評価 ★★★★★ 5.00

野菜があまり得意ではなく、毎日たくさん食べることがなかなかできないので、手軽に栄養素を摂取できる青汁を飲むことにしました。
粉末の青汁は苦手で、野菜の風味などがなるべく感じないように粒タイプの青汁を選びましたが、水でゴクッと飲むだけなので本当飲みやすいです。
普段の食事では摂れない栄養素を補うことができるので、私でも続けやすいです。
続かなければ意味がないので粒タイプにしてよかったです。
健康維持のためにこれからも続けようと思います。

amazon 楽天 口コミ 評価 評判


ダイエット効果を実感!
20代/女性
評価 ★★★★☆ 4.00

ダイエットのために、小腹がすいた時などに青汁を牛乳や豆乳に混ぜて飲むようにいました。
飲んだ後は満腹感があり、間食をしなくなりました。
便秘だったのですが、毎朝快調で、おなか回りがスッキリしました。
しばらく飲み続けたら、徐々に体重も減り、ダイエットの効果を実感できました。
たまに、ホットケーキやカップケーキにも青汁を入れて作っていますが、キレイな緑色になり、お菓子を食べていても罪悪感がなく、ダイエット中でもおいしく食べれるので気に入っています。

amazon 楽天口コミ 評価 評判


粒タイプは持ち運びに便利
40代/女性
評価 ★★★★★ 5.00

野菜不足の改善のために粒タイプの青汁を飲み始めました。
粒タイプは粉っぽさや青臭さがなく、水で飲むだけなので手軽でとても良いですね。
青汁が苦手なのですが、粒タイプなら全く気になりません。
野菜不足のために飲み始めた青汁が美容にも効果があり、私は吹き出物が出来やすかったのですが、青汁を飲むようになってからは出なくなりました。
粒タイプは持ち運びにも便利なので、外出先や旅行先などでも毎日忘れないように飲んでいます。