青汁に含まれている主な成分の種類と詳細

サンスター 粉末青汁
サンスター 粉末青汁

青汁といっても、今では様々な種類の原材料から作られています。
どのメーカーにもほぼ共通して含まれている成分があります。

それは、大麦若葉、ケール、明日葉などです。
大麦若葉は、わりと最近に出てきた原材料ですが、ケールと同等かそれ以上の栄養価があります。

SOD酵素という、抗酸化物質を含んでいるので注目されています。
ビタミン類やミネラルも豊富で、とにかく美味しいことで評価が高くなっています。

どのような原材料と組み合わせても、美味しく飲めるところが最大のポイントです。
ケールは、緑黄色野菜の王様とも呼ばれるほど、高い栄養価が認められています。

その中でも、ベータカロテンという成分が豊富に含まれています。
この成分は、体内でビタミンAに変わるので、抗酸化作用があり、美容や生活習慣病予防にも効果が発揮されると言われています。

もう一つ、ルテインという成分も豊富にあります。
これは、目に効果があると言われていて、目の疲れを予防したり、紫外線などから目を守ってくれます。

明日葉は、大麦若葉にも多く含まれる、SOD酵素が豊富です。
明日葉に含まれる成分の特徴は、カルコンが含有されているということです。

カルコンは、ポリフェノールの一種で、脂肪の蓄積を抑える効果があるので、肥満の予防やダイエットに効果があると期待されている注目の栄養素です。

オススメの青汁はこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「青汁」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気の青汁をご紹介します。
藍の青汁