藍の青汁

純藍の藍の青汁は、古来伝承純藍ポリフェノール配合の濃い青汁です。
今ならWebで購入された方には、期間限定で通常価格3,300円が1,800円で購入できるので大変お得です。

藍の青汁 純藍

藍の青汁 純藍
藍の青汁 純藍
先日購入した週刊誌の広告に載っていた「藍の青汁」を購入してみました。
藍の青汁は、新成分である「純藍ポリフェノール」食物繊維の他に、鉄分・亜鉛・ミネラルも豊富に含んだ、古来から伝わる薬膳野菜なんです。

その他に、乳糖果糖オリゴ糖も配合されているので、便秘気味の方にもオススメする青汁といえます。

藍の青汁の飲み方

藍の青汁 飲み方
藍の青汁 飲み方
純藍の藍の青汁は、国際の蓼藍と国産有機の大麦若葉、乳糖果糖オリゴ糖をバランスよく配合したプレミアムな青汁です。
藍の青汁の基本的な飲み方は、1日1〜3袋を目安に、1袋あたり50〜100mlの水に溶かしてお召し上がりくださいとのことです。

藍の青汁の効果

藍の青汁の効果

先ほど触れましたが藍の青汁にはとってもカラダに良い栄養がぎゅっと詰まっています!
・薬膳野菜の「藍」:食物繊維と鉄や亜鉛などのミネラルが豊富。
新成分の純藍ポリフェノールを含んでいる。一般の青汁に使用されているケールや明日葉などと比較しても食物繊維がすぐれています。

・有機大麦若葉;ビタミン、ミネラルが豊富。
ビタミンB2はアスパラガスの約9.5倍も入っています。土づくりからこだわって有機栽培されています。

・クマザサ・桑の葉:食事だけでは不足しがちな栄養を補う。
古くから健康維持として伝承されており、贅沢に使っています。

・乳果糖オリゴ糖:善玉菌のサポート
腸内環境よくすることで毎日のスッキリをサポートして、飲みやすい味わいにしています。

これらが入った藍の青汁はまさに「最高の黄金バランス」である。と言えます!
ですから、効果は抜群で、テレビや雑誌のメディアでも特集されるほどで皆さんの健康維持に役立っています。

というのが現実ですね。そこで手軽に。しかも美味しく!
飲める青汁をお薦めします。

藍の青汁 口コミと評価

純藍の藍の青汁を実際に購入し、試された方の口コミと評価を頂きましたので、参考までにご覧ください。

口コミ 評価 評判


飲みやすい青汁
30代/女性
評価 ★★★★★ 5.00

藍の青汁は、抹茶のような色と風味でほんのり甘く飲みやすい青汁だと思います。
他の青汁もいろいろ飲んでいましたが、私には藍の青汁が合うようなので、今では定期購入して飲んでいます。

口コミ 評価 評判


お試しで藍の青汁を購入!
40代/女性
評価 ★★★★★ 5.00

青汁は種類が多くて、どれを選んで良いのか分からないと思っていたときです。
たまたま読んでいた女性週刊誌に掲載されていたので、お試しで藍の青汁を購入しました。
サッパリとした感じで飲み安という感じですが、効果を感じる事ができれば続けて飲もうと思っています。

口コミ 評価 評判


毎日スッキリできています。
40代/男性
評価 ★★★★★ 5.00

藍の青汁を飲みはじめて1ヵ月経ちました。
購入したきっかけは、オリゴ糖が配合されているということです。
今では、毎日スッキリした状態で会社に向かうことができています。

口コミ 評価 評判


安心して飲める青汁
30代/女性
評価 ★★★★☆ 4.00

青汁は苦くて飲みずらいというイメージでしたが、藍の青汁はほんのり甘い感じがして、とても飲みやすい青汁だと思います。
これなら青汁が苦手な方でも安心して飲めると思います。

藍の青汁の特徴

藍の青汁は。以下のようなお悩みをかかえている方にオススメの青汁です。

  • 脂っこいものが好き
  • 疲れやすい
  • 冷え性
  • 運動不足
  • 便秘がち
  • 甘いものが好き
  • 外食が多い

「藍の青汁」の「藍」とは何でしょう。蓼藍という食物を使っています。
それは古来から伝わる「薬膳野菜」です。薬膳料理など最近では耳にしますね。

そもそも「薬膳」とは栄養、効果、香り、味、色、形などの全てが揃った食養生方法です。
この「蓼藍」も健康維持はもちろん藍染めにもつかわれる万能食品です。国産を使用しており、栽培が一部でしか行われていないので最近では貴重な食材となっています。

では、蓼藍を一般的な青汁に含まれるケールと比較してみましょう。

食物繊維:ケールの約2倍
鉄分:ケールの約3倍
亜鉛:ケール約の6倍

「青汁」と言えば苦いイメージですね。「カラダに良い」「薬膳野菜を使っている」と聞くと尚更、味が心配ですが藍の青汁は「おいしい!」となんと90%もの方が答えています。
もちろん個人差はありますが、90%はすごいですよね!

藍の青汁のプレミアム素材

藍の青汁は、古くから健康維持に利用されていた藍を、国産有機「大麦若葉」と「乳糖果糖オリゴ糖」を加えて飲みやすく復活さた青汁です。

蓼藍(島根県産)

蓼藍は、古くから藍染めの染料や健康維持のために利用されてきた万能食です。
最近は、一部の地域でしか栽培されていない稀少品種です。

大麦若葉(国産有機)

大麦若葉は、まだ大麦が穂をつける前の20〜30cmに生育した新鮮な若葉を収穫した、栄養豊富な食品です。
安心の国内有機栽培、大麦若葉を使用しています。

乳糖果糖オリゴ糖

乳糖果糖オリゴ糖は、善玉菌の働きをサポートすることで、食生活の乱れや運動不足などによって、お腹の調子が整わない現代人の体内環境を健康に維持します。

藍の青汁のポイント

藍の豊富な植物繊維で毎日スッキリ

善玉菌を増やしスッキリな毎日を送るために、内側から体を綺麗にしてくれる食物繊維。
藍には、一般的な青汁によく使用されるケールや、明日葉などと比べても植物繊維が豊富で毎日スッキリ!

ミネラル・鉄分・亜鉛も絶妙なバランスで維持

毎日の健康維持のために、欠かせないミネラル成分。
藍に含まれる鉄分や亜鉛などのミネラルも、ケールや明日葉と比べると2〜5倍以上の含有量です。
外部から摂取するしかない栄養素も藍からしっかり補えます。

優れたポリフェノールで若々しい毎日

サビから体を守り、イキイキと元気な毎日をサポートするポリフェノール。
健康商材として注目されているブルーベリーよりも含有量と質が非常に高いと注目されています。

藍の青汁 原材料と栄養成分

藍の青汁 原材料と栄養成分

原材料 大麦若葉粉末/乳糖果糖オリゴ糖/藍抽出物(還元麦芽糖、藍)/トレハロース
栄養成分 1袋 3.0gあたり
エネルギー:10.59kcal/タンパク質:0.21g/脂質:0.05g/糖質:2.47g/ナトリウム:0.59mg/食物繊維:0.29g
内容量 90g(3g×30袋)

オススメの青汁はこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「青汁」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気の青汁をご紹介します。
藍の青汁