青汁は免疫力を高めてがん細胞の増殖を抑える

青汁は免疫力を高めてがん細胞の増殖を抑える

胃がん細胞に青汁を加えると増殖が抑制された!

青汁のさまざまの効果の中で、いま最も注目されているのが、ガンを抑制する作用。その劇的な効果を見せたのが、がん細胞に直接青汁を加えた実験でした。
人の胃がんの細胞を取り出し、青汁を加えた結果、がん細胞の増殖が抑えられたのです。

何も加えてないがん細胞とくらべ、青汁を加えた細胞はがん細胞がまばらになりました。
結果、72時間の増殖数値に2倍以上の開きがありました。

消化器を通る青汁が直接ガンに作用する

この実験の大きなポイントは、青汁そのものが、直接がん細胞を抑制すると分かったこと。
口から入った青汁は、食堂・胃と消化器を通過します。

この過程で、もし食堂や胃の粘膜にガンが会った場合、患部に青汁が触れることで、ガン抑制作用を発揮してくれるというわけです。
また、すでにガンへの有効性が研究されているバナナやリンゴより、青汁の方が効果が高いという結果も得られています。

それにしても、野菜のしぼり汁の青汁に、どうしてこんな効果があるのでしょうか?
研究でわかってきたのが、青汁による「免疫力」の活性化。

免疫力とは、がん細胞やウィルスなど、体に有害なものを排除するものです。
じつは、体内では頻繁に小さながん細胞が生まれています。
しかし、健康な体では「免疫力」というシステムが働き、ガンが育たないうちに死滅させているのです。

T細胞を活性化して免疫力をアップ!

体内にガンが出来ると「マクロファジー」という見張り役の細胞が、リンパ球「T細胞」に報告。
するとT細胞が司令塔になって、ガンを殺す部隊に命令し、ガンと戦います。

攻撃部隊には、キラーT細胞や、B細胞などがいます。
一方、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)という、ガン細胞を殺す細胞は、自らガン細胞を発見して殺傷する能力を持っています。

攻撃部隊が組織なら、こちらはフリーで活動している状態。
しかし、T細胞からの働きかけがあると、NK細胞は、より厳しくガン細胞を攻撃します。

このように、さまざまな形でガンを攻撃する能力が免疫力。
この働きの中で、青汁は2つの過程で作用することが、明らかになっています。

まずひとつは、青汁によってT細胞の働きが活性化すること。

大正製薬 大麦若葉青汁

大麦若葉青汁 詳しくはこちら

楽天の口コミで評判の青汁

ドラッグストアーやネット通販で人気の「青汁」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気の青汁をご紹介します。