健康青汁の正しい飲み方

青汁は野菜を飲むってことだから、何も難しいことはありません。
でも、気をつけてほしいことも少しはあります。

1日に飲む青汁の量はどのくらい?

青い葉から搾り取ったストレートの青汁で、1日にコップ1/2杯分(約90cc)から、コップ1杯分(約180cc)位が目安です。

普段あまり緑黄色野菜を食べない人は多めに、よく食べる人は少なめでいいでしょう。
野菜だからいくら飲んでも大丈夫と思っている方がいますが、あまり大量に飲むのは良くありません。

薬を適量以上にとりすぎると、体に害になるのと同じです、たとえ野菜でも体に効く物だから、与えすぎは禁物です。

たとえばビタミンAを必要以上にとると、肝臓にたまり、吐き気や、肝臓を痛めるなどの副作用が現れます。

また、過剰なビタミンCは、酸化物質となって体に害をあたえるという説もあります。

青汁はいつ飲むのがいいですか?

薬のように、食後や食間などの決まった飲み方はありません。
起床時でも、食事時でも、好きなときに飲むことが出来ます。

一番大切なのは、いつ飲むかより、毎日飲み続けることなんです。
そのために、決まった時間に飲むよう習慣づけたほうがいいでしょう。

起きぬけの1杯でもいいですし、朝は忙しいなら風呂あがりに飲んでも良いでしょう。
ただ、ダイエットを心がけている人は、食前に飲むのがおすすめです。

植物繊維が満腹感をもたらして、食べ過ぎを防いでくれます。
便秘の解消が目的の場合は、食事の前後に飲むと良いでしょう。

また、糖尿病の方も、食事と一緒にとるとことで、ブドウ糖の腸管での吸収がゆるやかになり、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

ミネラル分が豊富なので、スポーツドリンクのように運動後に飲んでも良いでしょう。

好きな食材を混ぜても大丈夫?

青汁だけで飲む方が良いと思いますが、口に合わないと続けるのがイヤになるもの。
まずは飲みやすい味にアレンジして、毎日飲み続けてください。

ただし、混ぜる食材には注意が必要で、ビタミンCを壊すニンジンジュースなどは混ぜない方が良いでしょう。

また、蜂蜜などで甘みを付ける場合は、入れすぎるとカロリーオーバーになりますので、適量を保ちましょう。

慣れないうちは飲みやすい味に調整し、慣れてきたら少しずつ減らすと良いでしょう。

青汁の選ぶ基準を教えてください!

一口に青汁といっても、メーカーによって原料が違うので中身を確認する事が大事。
製品や原材料の栄養分表などを参考にして比べてみると良いでしょう。

青汁は、毎日飲むものですから、無農薬や有機栽培の野菜を使ったものがお勧めで、更に防腐剤などの添加物や飲みやすくするため、糖分などを加えているものは、避けた方が良いでしょう!

商品には、生の絞り汁を冷凍したものや、粉末・固形タイプがあります。
加工技術が進み、粉末なども生の冷凍製法と変わらないものもあります。

また、1回分の分量がどのくらいの野菜に相当するのかも、メーカによって違いますので、確認しておきましょう。

青汁を冷やしたり温めて飲んでも大丈夫?

冷たい飲み物は腸を刺激するので、下痢をしがちの人にはお勧めしませんが、そうした心配がないなら、冷やして飲んでもかまわないでしょう。

逆に、便秘の人は冷たい方が便通には良いようです。
ビタミン類は熱に弱いので、温めずにそのまま飲むことをお勧めします。

どうしても冷たいものが苦手な人は、ぬるめのお湯を加えると良いでしょう。

楽天の口コミで評判の青汁

ドラッグストアーやネット通販で人気の「青汁」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気の青汁をご紹介します。