青汁の作り方

みずみずしい緑の野菜は、体にとって最高の贈り物。
そんな野菜の貴重なエッセンスが、豊富に含まれているのが青汁です。

あなたにあった方法で、毎日飲んで元気な体を作りましょう。

そして、青汁の材料には、緑黄色野菜の葉を使うのが基本ですが、野菜選びで大切なのは、パリッと鮮やかな色の新鮮な野菜を使うことで、鮮度がいいほど、含まれる栄養素は豊富です。

生の野菜を大量にとる青汁は、農薬が付いていると有害物質も体に取り入れることになりますので、無農薬のものを選びましょう。

野菜はていねいに、しっかり洗い、適当な大きさにちぎります。
この後は、次の3通りの作り方があります。

新鮮青汁の作り方は次の3通り

1.スリ鉢でする

手間や時間はかかりますが、質・味とも一番の青汁になります。
手でもんだ葉をすり鉢の目にすりつけ、葉をつぶしてからすると楽。
そして、完全につぶしたら、目の粗い布でこします。

2.ミキサーにかける

ミキサーを回しやすくするため、水を適量加えます。
長くかけるとビタミンCが壊れるため、2分以内で仕上げます。
その後、布でこしてもそのまま飲んでもいただけます。

3.ジューサーでしぼる

大きな繊維が取り除かれて、口当たりの良い青汁が手軽に出来ます。
残ったかすにも栄養分が含まれているので、料理に使いましょう。

野菜のにおいが気になるときはこんなトッピングを!

はちみつ・牛乳・レモン

青汁は体にいいのは分かるけど、やっぱり飲みづら〜い!
そんなときは、他の食材をプラスすると良いです。

においを消すにはレモン、牛乳を入れるとマイルドに、そしてはちみつで甘みを加えれば、苦みが消えて子供でも飲みやすくなります。

楽天の口コミで評判の青汁

ドラッグストアーやネット通販で人気の「青汁」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気の青汁をご紹介します。