1日1杯の青汁習慣

青汁

厚生労働省が推奨する1日に摂りたい野菜の量は、成人で350g以上ということですが、家族の中でも野菜嫌いまたは、苦手な方は多いと思います。

野菜の1日あたりの平均摂取量は、350gといわれておりますが、どの世代を見ても足りていないことが報告されています。
この野菜不足を手軽に美味しく補えるのが、大麦若葉やケールを配合した青汁です。

ビタミンやミネラル、マグネシウムやクロロフィルムのほか、日本にに不足しているといわれるカルシウム、中高年に不足しがちな鉄・ビタミンB1も含まれています。

青汁というと、苦い・まずい・飲みづらいと多くの方がそうイメージされていると思いますが、最近の青汁は飲みやすくて美味しい商品もあります。
ほんのり甘く、抹茶のような味わいで、野菜が苦手な方でも美味しく飲むことができます。

飲み方は、水・牛乳・ヨーグルトに混ぜても良いので、いろいろバリエーションが変えられるので、お好みで摂ることができるので、飽きずに続けることができると思います。
青汁に種類が豊富にあるので、お試しで飲んで自分に合った青汁をお探しください。

オススメの青汁はこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「青汁」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気の青汁をご紹介します。
藍の青汁