半信半疑で始めた青汁で便秘が解消

<Mさん 30歳>

中学生時代から慢性の便秘持ちで、ふだんでも1週間に1度くらい、ひどい時で12日に1回くらいしか出ないこともあリました。
体質なのか私の姉もほぽ同じような便秘症で、彼女は市販の便秘薬を飲んでいました。

たしかに出ることはでるんですが、数時間後いきなりゲリに襲われるそろなんです。
姉のそ人な姿を見ていましたので、無理やり便秘薬で出すのはコワイなと思っていて…

<なんでこんなに出るんだ!というくらい快調なお通じ>

そ人な時に、たまたま広告を見て軽い気持ちで始めたのが青汁でした。実際飲み始めると、1週間後ぐらいから、今まででは考えられないないような量のお通じが、毎朝必ず出るようになってビックリ!

便秘の時は気づかなかったんですが、おなか回りも前に比べるとスッキリして、体全体がすごく軽やかに。
久しぶりに「便秘じゃない体」に出会えて感激しました。

薬に頼らず、健康的に慢性便秘を解消できたので本当によかったと思います。

私のまわりにも便秘で悩んでいる女性が多いので、お友達や親戚にもよくすすめているんですが、口をそろえて「凄く効くね!」と、みんなに喜ばれています。

 

青汁を飲み始めて半年で胸のシコリが小さく!

<Fさん 37歳>

長男を出産後、授乳の時に胸に500円玉くらいのしこりを感じたので、病院に行ったところ「乳腺のう胞症」との診断。

両胸に小さなしこりが数十個できており、大きくなると乳ガンの原因にもなるので、ガン検診を定期的に受けるようにと言われました。

約30年間、健康体で大きな病気をしたことがなかったので「自分もガンになり得る体なんだ……」と大変ショックを受けました。

初めて生死にかかわる病気にふれたことで、今までの悪い生活習慣を改めようと決意。
「野菜不足だったら青汁を飲んでみたら?」と、知人にすすめられたのです。

青汁を飲み始めてから半年後の検診で、お医者さまも驚く不思議な結果が。
例の胸のしこりが以前より小さくなり、数自体も減っていたんです!

青汁以外、ほかに特別なことをしていたわけではないのでびっくりしました。
それ以来、すっかり青汁の信者になりました。

9年たった今でも飲み続け、明るい生活を送っています。
これからも毎日続けて青汁を飲み続けていくつもりです。

 

若い時から悩みだった貧血症がすっかり良好に

<Tさん 56歳>

青汁歴はもう3年になります。
私は昔からひどい貧血症で、45歳の時には十二指腸潰瘍で胃から出血して入院。

1000㏄の輸血を行い、そのあとも増血剤を飲んだりしていました。
25歳の時には旅行先のフランスで倒れ、命を落としかけたこともあります。

病院の先生から「血液の素になる食べ物をとりなさい」と言われ、青汁のケールにはほうれん草の何倍も鉄分とカルシウムが含まれていると聞き、飲み始めてみたのです。

毎年健康診断を受けているのですが青汁スタート前1997年の結果では5.4gしかなかったヘモグロビンの数値が、2003年では11.3gと一般基準レベルの数値になってきたんです。

顔色も以前よりすっかり良くなって「いつ貧血で倒れるか」という心配から解放されたことがなによりの喜びです。

すこぶる健康的な毎日を過ごせています。
私にとって青汁は、ココロと体の「安定剤」のようなもの。
値段も病院にかかるよりもずっと安いし、絶対手放せないアイテムです。

楽天の口コミで評判の青汁

ドラッグストアーやネット通販で人気の「青汁」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気の青汁をご紹介します。