マイケア ふるさと青汁の特徴

青汁によく使われる原料といえば、「ケール」。ふるさと青汁は、このケールを使わずに、より栄養価が高くて豊富な「明日葉」を使っているのが特徴です。
明日葉は「今日芽を摘んでも、明日には新しい芽が出る」といわれ、強靭で生命力あふれる健康野菜。

茎や根っこに含まれるネバネバした「カルコン」

ポリフェノールの一種で、抗酸化作用やがんを抑制するといわれています。
明日葉の原産地である八丈島では、健康長寿のためにカルコンが抽出されたゆで汁を飲む習慣があります。

豊富なビタミン

ケールやホウレンソウよりも豊富なビタミン群が含まれています。
明日葉に多く含まれるβカロティンは動脈硬化の予防や発がん作用の抑制効果があるとされ、体内でビタミンAに変換されて皮膚や髪の健康維持、視力の維持にも効果があるといわれています。
また、カリウム含有量はきゅうりの2.7倍、バナナの1.5倍であり、元気で若々しくいるために必要な要素が詰まっています。

たっぷりの食物繊維

明日葉の特徴として、食物繊維の多さがあげられます。
その量は、ケールの1.5倍、セロリの3.7倍、レタスの5倍、トマトの5.5倍と、目を見張る多さ。
お通じ対策に加え、シミ・そばかす予防にも適しています。

こうした健康と美容に効く明日葉をふんだんに使っているのが、大きな強みです。
明日葉のさわやかな香りに、桑の葉と大麦若葉の甘味が加わって、すっきりとした味わいになっているのも特徴でしょう。


マイケア ふるさと青汁とは
マイケア ふるさと青汁の特徴
マイケア ふるさと青汁の飲み方
マイケア ふるさと青汁の効果
マイケア ふるさと青汁のダイエット効果
マイケア ふるさと青汁の口コミ
マイケア ふるさと青汁の評判

ふるさと青汁 詳しくはこちら

オススメの青汁はこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「青汁」は、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気の青汁をご紹介します。
藍の青汁